気象現況

石神台の気象現況

PCがオンラインの時、気象現況は10分ごとにアップロードしています。
これを20秒毎にリロードし、最新情報に自動更新しています。下のグラフ更新は、ブラウザの更新ボタンを利用ください。
現在時の後に、赤字で注意喚起が表示されているときは、次の関連情報リンクから詳細情報を得てください。
気象庁の防災情報:大磯町  土砂災害警戒情報:神奈川県  竜巻注意情報:神奈川県  高温注意情報


ページ内メニュー  現在の観測値    過去24時間の推移    過去1週間の推移    過去1ケ月間の推移    年間の推移    解説


現在の観測値
屋外の気温 屋外の相対湿度 今日の雨量

今朝の最低気温は、
白線で表示されます。
1時間当たり雨量 月間雨量 年間雨量
気圧 降り始めからの10分間当たり雨量の変化
風向 風速

海風は略SEの方角から吹きます。
陸風は略Nの方角からら吹きます。

風向・風速は観測器が庭に設置されているので、
建屋の影響があると思われます。ご留意ください。


過去24時間の推移

10分ごとに更新します。(ただし、PCがオンラインの場合)

屋外の気温 屋外の相対湿度 風速

空気中の水分量は、急激に変化
しないので相対湿度は、気温と
反対の動きをします。
雨量 最大風速 気圧

海風があれば陸風もあるようです。
夜の11時~1時ごろ略NW~N方角の
最大風速は陸風と思われます。
海風と陸風の中間が凪の静穏な
時間になります。

右下がりは、お天気下り坂
右上がりは、回復傾向です。
1時間当たり雨量 10分間平均風向の変化 体感温度

今日は昼に、南からの海風は
吹いたでしょうか?


過去1週間の推移
屋外の気温 屋外の相対湿度 風速

日1日ごとに春めく様子を気温の
変化に読み取ってください。

毎日の風速にも、海の影響を受けた
パターンがあるように見えます。
雨量 最大風速 気圧
1時間当たり雨量 10分間平均風向の変化 体感温度

北風が基調でほぼ毎日、昼ころに
海風の吹くことが読み取れます。

時には夏のような日が、登場しだしました。

過去1か月間の推移
屋外の気温 屋外の相対湿度 風速
風向 最大風速 気圧
雨量 Wind Run 体感温度

どれだけ風が吹いたか、km単位の指標。


年間の推移
年/月 日最高気温の平均 日最低気温の平均 月平均気温 月最高気温 月最高気温日 月最低気温 月最低気温日 月間の雨量 降雨日数(0.2mm以上)
  degC degC degC degC degC mm
2018/1 11.2 0.6 5.3 16.7 17 -4.3 25 78.5 5
2018/2 12.0 1.3 6.0 17.8 15 -2.5 9 14.0 3
2018/3 17.0 6.8 11.8 23.2 29 2.8 3 252.7 12
2018/4                  
2018/5                  
2018/6                  
2018/7                  
2018/8                  
2018/9                  
2018/10                  
2018/11                  
2018/12                  


解説

 

大磯町石神台の気象
2017年12月28日から観測を開始(Since 28th Dec 2017.)
10分間隔で記録・更新(The data is update and refreshed every 10 minutes.)
観測は、地域の防災目的ですので、精度や定期性等は保証できません。
また、記載内容には、正確でない表現、誤りや誤訳の可能性があります。誤り等にお気付きになられた場合は、下記アドレスまでお知らせいただけると幸いです。
umimie@itigo.jp
観測場所
Location
気象センサーの設置位置
神奈川県中郡大磯町石神台3丁目
緯度(北緯35度18分26.5秒)
経度(東経139度16分9.3秒)
高度(標高44m+設置高1.6)
観測装置
System
気象観測システム
気象センサー Davis Instruments Vantage Pro
ソフトウェア Davis Instruments WeatherLink for Vantage Pro
屋外気温
Outside Temperature

(degC)

屋外気温(Highは最高、Lowは最低)
屋外における大気(地球をとりまく空気)の温度。
気温は、上空に行くほど低下し、標準大気下で高度1kmにつき6.5degC程度低下します。

予報用語 温度階級
冬日 日最低気温が0degC未満の日
真冬日 日最高気温が0degC未満の日
夏日 日最高気温が25degC以上の日
真夏日 日最高気温が30degC以上の日
猛暑日 日最高気温が35degC以上の日
熱帯夜 夜間の最低気温が25degC以上のこと
Current
現在値
観測時点の現在値(瞬時値)を表示(10秒間隔で観測)
0.1degC毎に表示し(分解表示)、誤差は(+/-)0.5degCです(精度)。
Last 24hours
直前の24時間
観測時点の直前過去24時間について、10分間隔でその平均値をグラフ表示
Monthly
過去1月
過去ひと月(1年)分についてグラフ表示
Yearly
過去1年
屋外湿度
Outside Humidity (%)
屋外湿度(Highは最高、Lowは最低)
屋外における大気の乾湿の度合いを相対湿度(RelativeHumidity)で表示。
相対湿度=(水蒸気量/同一気温における飽和水蒸気量)x100%
飽和水蒸気量とは、ある気温の下で、空気中に含むことができる水蒸気の量の最大値です。
Current
現在値
観測時点の現在値(瞬時値)を表示(1分間隔で観測)
1%毎に表示し、誤差は(+/-)3%RH、90%以上では4%RHです。
Last 24hours
直前の24時間
観測時点の直前過去24時間について、10分間隔でその平均値をグラフ表示
Monthly
過去1月
過去ひと月(1年)分についてグラフ表示
Yearly
過去1年
結露点
Outside Dew Point

(degC)

結露点(Highは最高、Lowは最低) (ここでは屋外の結露点を表示しています。)
現在の気圧下で大気中の水蒸気が凝結して水滴(水または露)となる温度(露点・露点温度)で、気温と同じ値であれば相対湿度が100%ということです。
空気が冷やされて結露点以下の温度になると余分な水蒸気が凝結し、雲や霧となります。
Current
現在値
観測時点の現在値(瞬時値)を表示
degC毎に表示し、誤差は(+/-)1.5degCです。
Last 24hours
直前の24時間
観測時点の直前過去24時間について、10分間隔でその値をグラフ表示
Monthly
過去1月
過去ひと月(1年)分についてグラフ表示
Yearly
過去1年
風速
Wind Speed (m/s)10 Minute Average
Wind Speed (m/s)
風速(Highは最大/Hi Wind Speedも参照)
地表面に対する大気の相対速度。
10 Minute Average Wind Speedの表示値は、観測前10分間の平均風速で、この平均風速の最大値を最大風速(瞬間最大風速とは異なる)といいます。

予報用語 10 Minute Ave.(10分間の平均風速)
やや強い風 10 ~ 15 m/s
強い風 15 ~ 20 m/s
非常に強い風(暴風) 20 ~ 30 m/s
猛烈な風 30m/s or Higher
気象庁風力階級表(抜粋)気象庁のサイトより
風力 名称 相当風速 (m/s) 陸上の状況 備考
0 平穏 0.0 ~ 0.2 静穏、煙がまっすぐ上昇。  
1 至軽風 0.3 ~ 1.5 煙がたなびく。  
2 軽風 1.6 ~ 3.3 顔に風を感じる。木の葉が揺れる。  
3 軟風 3.4 ~ 5.4 木の葉や細い枝がたえず動く。
旗がはためく。
 
4 和風 5.5 ~ 7.9 砂ほこりがたち、紙片が舞う。
小枝が動く。
 
5 疾風 8.0 ~ 10.7 葉の茂った樹木がゆれ、
池や沼にも波頭がたつ。
 
6 雄風 10.8 ~ 13.8 大枝が動き、電線が鳴る。
傘の使用困難となる。
 
7 強風 13.9 ~17.1 樹木全体がゆれる。
風に向かうと歩きにくい。
海上風警報に相当
8 疾強風 17.2 ~ 20.7 小枝が折れる。風に向かっては歩けない。 海上強風警報に相当
9 大強風 20.8 ~ 24.4 煙突が倒れ、瓦が落ちる  
10 全強風 24.5 ~ 28.4 樹木が根こそぎになる。
人家に大損害が起こる。
海上暴風警報に相当
11 暴風 28.5 ~ 32.6 めったに起こらないような
広い範囲の大損害が起こる。
 
12 台風 32.7 ~ 36.7 被害甚大。記録的な損害が起こる。 海上暴風警報または海上台風警報に相当
横浜地方象台における大磯町の注意報・警報基準 横浜地方気象台のサイトより
気象台発表の目安 強風注意報(やや強い風) 暴風警報(非常に強い風)
10分間の平均風速 陸上 12m/s 25m/s
海上 12m/s 25m/s
Current
現在値
観測時点の現在値(Wind Speedは瞬間風速、10 Minute Average Wind Speedは観測時点の直前10分間の平均風速)を表示(5秒間隔でサンプリング)
0.5m/s毎に表示し、誤差は(+/-)5%最大1m/sです。
Last 24hours
直前の24時間
観測時点の直前過去24時間について、10分間隔でその平均風速をグラフ表示
Monthly
過去1月
過去ひと月(1年)分についてグラフ表示
Yearly
過去1年
風向
Wind Direction
風向
風が吹いてくる方向。

North(0deg) South(180deg)
北東 NE(45deg 南西 SW(225deg)
East(90deg) 西 West(270deg)
南東 SE(135deg) 北西 NW(315deg)
Current
現在値
観測時点の現在値(瞬時値)を表示(5秒間隔でサンプリング)
16方位コンパス、または、1deg毎に表示し、度数表示の誤差は(+/-)7degです。
Last 24hours
直前の24時間
観測時点の直前過去24時間について、10分間隔でその平均値をグラフ表示
Monthly
過去1月
過去ひと月(1年)分についてグラフ表示
Yearly
過去1年/td>
瞬間最大風速
High Wind Speed

(m/s)

瞬間最大風速
5秒間隔で計測されている瞬間風速の最大値。
Last 24hours
直前の24時間
観測時点の直前過去24時間について、10分間隔でグラフ表示
Monthly
過去1月
過去ひと月(1年)分についてグラフ表示
Yearly
過去1年
気圧
Barometer (hPa)
気圧(Highは最高、Lowは最低)
大気の圧力(空気の重さ)で、上空に行くほど低下し、低高度では高度100mにつき12hPa程度低下します。
標準的な地表気圧(1気圧)は、1,013hPa(ヘクト・パスカル)で、13.6g/cm3の水銀柱を760mm押し上げます(760mmHgと標記)。h(hecto)とは102(100倍)の意。
なお、気圧センサーは1階に設置しているコンソールに内蔵されていて、当観測値は、天気図などで用いられる海抜0mに更正した「海面気圧」ではなく、「現地気圧」を表示しています。
Current
現在値
観測時点の現在値(瞬時値)を表示(5秒間隔でサンプリング)0.1hPa毎に表示し、誤差は(+/-)1.0hPaです。
Last 24hours
直前の24時間
観測時点の直前過去24時間について、10分間隔でその平均値をグラフ表示
Monthly
過去1月
過去ひと月(1年)分についてグラフ表示
Yearly
過去1年
雨量
Rain (mm)
降水量(雨量)
降った雨水が、蒸発せず地中に浸透しないで溜まったときの水の深さ(水深/雪などは解かして計測)。雨、雪、雹(ひょう)などのように水になるものを「降水」といい、降水が雨だけの場合は一般的に「雨量」といいます。

予報用語 1時間あたりの降水量(Rate of Rain)
やや強い雨 10 ~ 20 mm
強い雨 20 ~ 30 mm
激しい雨 30 ~ 50 mm
非常に激しい雨 50 ~ 80 mm
猛烈な雨 80mm または高い
雨や風の強さと人の受けるイメージについては、気象庁の「気象、地震、火山、海洋などの知識」にある「雨や風の強さと被害等との関係を示した解説表について」の「雨の強さと降り方」と「風の強さと吹き方」に解説があります。
気象警報・注意報の発表基準
気象庁では、平成20年5月28日より、大雨、洪水警報・注意報の基準に、土砂災害や水害の発生と対応のよい新たな指標(土壌雨量指数、流域雨量指数)を導入しました。これらの指標について解説しています
気象庁のサイトより
該当地域の雨水の浸透度合いに見合った基準が、設けられています。
Current
現在値
当日雨量 当日(0:00-24:00)の総雨量(10秒間隔で観測)
0.25mm毎に表示し、誤差は(+/-)0.25mm最大4%です。
1時間当たり雨量 観測時の降雨状態を加味し1時間あたりの雨量を算出。
15分あたり0.5mm以下の降雨になればクリアされます。
降り始めから 降り始めからの総雨量(10秒間隔で観測)
0.25mm毎に表示し、誤差は(+/-)0.25mm最大4%です。0.5mmの降雨があれば観測(累積)を開始し、24時間それ以上の降雨がなければクリアされます。
月間雨量 月間の総雨量(10秒間隔で観測)
1mm以上の降雨について0.25mm毎に表示し、誤差は(+/-)0.25mm最大4%です。
年間雨量 年間の総雨量(10秒間隔で観測)
1mm以上の降雨について0.25mm毎に表示し、誤差は(+/-)0.25mm最大4%です。
Last 24hours
直前の24時間
観測時点の直前過去24時間について、10分間毎の雨量をグラフ表示
Monthly
過去1月
過去ひと月(1年)分について、DailyRain(今日の雨量)(MonthlyRain(月間総雨量))をグラフ表示
Yearly
過去1年
体感温度(風の冷却効果/風冷指数)
Wind Chill (degC)
体感温度(風の冷却効果/風冷指数)
凍傷の予防など寒冷地に対する一指標で、気温と風速から算出されます。風によって体感温度は下降し、一般的には風速1m/sにつき体感温度が1degC程度下がるといわれています。

カテゴリー 凍傷までの時間 体感温度
激しく寒い 30 秒間 -51 degC または低い
非常に寒い 1 分間 -29 ~ -51 degC
厳寒 5 分間 38 ~ -29 degC
寒い   3 ~ 38 degC
Current
現在値
観測時点の現在値(瞬時値)を表示
1degC毎に表示し、誤差は(+/-)1degCです。
Last 24hours
直前の24時間
観測時点の直前過去24時間について、10分間隔でその平均値をグラフ表示
Monthly
過去1月
過去ひと月(1年)分についてグラフ表示
Yearly
過去1年
屋外の熱指数
Outside Heat Index

(degC)

体感温度(熱指数) (ここでは屋外の熱指数を表示しています。)
熱中症の予防など高温環境に対する一指標で、温度と湿度から算出されます。湿度が上がると体感温度も上昇し、一般的には相対湿度10%につき体感温度が1degC程度上がるといわれています。

カテゴリー 熱指数
極度に危険 54 degC または 高い
危険; 41 ~ 54 degC
特に注意 32 ~ 41 degC
注意 27 ~ 32 degC
Current
現在値
観測時点の現在値(瞬時値)を表示
1degC毎に表示し、誤差は(+/-)1.5degCです。
Last 24hours
直前の24時間
観測時点の直前過去24時間について、10分間隔でその平均値をグラフ表示
Monthly
過去1月
過去ひと月(1年)分についてグラフ表示
Yearly
過去1年