海が見える街 大磯町石神台

トム・ギルさんの英会話(日本語訳付き)

トム・ギルさんの英会話(日本語訳付き)

今月から石神台在住のトム・ギルさんによる英会話教室を始めます。
月毎のテーマに沿って、短い英会話を毎週紹介します。簡単で使いやすいものですので、一緒に勉強しましょう!

*動画の右下[ ]をクリックすると画面が大きくなります。また3つの縦・をクリックし字幕(オフ)を再度クリックすると、英語の字幕が表示されます(同じ操作で字幕オフになります)。日本語を選ぶと、英語と日本語訳が同時に見ることが出来ます。下中央の回転矢印記号をクリックすると再生します。YouTubeのチャンネルは「大磯町石神台」です。良ければチャンネル登録してください。

↓過去の日本語訳付き動画を見たい方はこちらから
4月〜6月(日本語訳付き)
 7月〜9月(日本語訳付き)

自己紹介

Hello, my name is Tom Gill.
(こんにちは、トム・ギルです)
I’m from England but I live right here in Ishigamidai.
(イギリス出身で、現在はここ石神台に住んでいます)
Starting this month, everymonth I’m going to be teaching you a little simple English conversation right here.
(今月から、毎月ちょっとした英会話をこのホームページ上で教えていきます。)
It’s easy and you’ll enjoy using it in everyday life.
(簡単で、日常的に使えるものです。)
So let’s learn English together.
(さあ、一緒に英語を勉強しましょう)

2020年5月

(2)今回の話題は「ごちそうさま」について。これも日本ではおなじみの言葉ですが、さて英語では何と言うのでしょう!?

Hello everybody. How are you?
(みなさんこんにちは。お元気ですか?)
Last time, I taught you how to say “itadakimasu” in English, which is quite difficult because that word does not exist in English.
(前回、「いただきます」という、英語に存在しない言葉のためかなり難しい言い方を英語でお教えしました。)
Another word that does not exist in English is “gochisosama”, which Japanese people always say after a meal.
(もうひとつの英語に存在しない言葉に、日本人はいつも食事の後に言う「ごちそうさま」があります。)
There is no fixed word, so you’ll have to say something like: “thank you very much, that was delicious!”
(ピッタリくる言葉はありません、だからこのような事を言わなければならないでしょう:「どうもありがとうございました、とてもおいしかったです!」)
Or, if you want to be even more polite you could say: “that stew was fantastic! Can I have the recipe?”
(またはさらに礼儀正しくするなら:「あのシチューは素晴らしかったです!レシピを教えていただけますか?」)
And finally, there’s one thing that British people often say after they’ve had a meal at a friend’s house which Japanese people very rarely say, and that is “may I help with the dishes?”
(そして最後にひとつ、イギリス人は友人の家で食事をした後よく言いますが、日本人は滅多に言わない言葉があります。それは、「皿洗いをお手伝いしましょうか?」です。)

(1)今回の話題は「いただきます」について。日本ではおなじみの言葉ですが、英語ではどう訳すのでしょうか!

Hello everybody, how are you?
(皆さんこんにちは、お元気ですか?)
Today, I’m going to discuss how to translate a very simple word in Japanese into English, “いただきます”.
(今日はとてもシンプルな日本語の言葉、「いただきます」をどう英語に訳すかをお話しします。)
Japanese people always say いただきます before they have a meal.
(日本人は食事の前にいつもいただきますと言います)
But strangely there is no English word that is a direct translation of this.
(でも、おかしなことにこれの直接の英訳にあたる英語の言葉はありません。)
In the old days, when everybody was Christian, in England, before a meal, they used to say a little prayer. 
(昔、イギリスで皆がキリスト教徒だったとき、食事の前に小さな祈りを言っていました。)
“For what we are about to receive, may the Lord make us truly thankful”.
(“For what we are about to receive, may the Lord make us truly thankful”.)
It’s almost impossible to translate that into Japanese.
(日本語に訳すのはほとんど不可能です。)
It might be something like “これからいただくものに対して神様にありがたみを教えてもらえるように, or something like that.
(「これからいただくものに対して神様にありがたみを教えてもらえるように」のような意味です。)
It’s rather long compared with いただきます.
(「いただきます」に比べてちょっと長いですね。)
But nowadays, more than half the people in Britain are not religious and relatively few of them use this prayer.
(でも最近は、イギリスでは半分以上の人が無宗教でこの祈りを使う人はそれほど多くないです。)
By the way, it’s called grace.
(ちなみにこの祈りは「グレース」と呼ばれます。)
So, saying this prayer is called saying grace.
(祈るときはsay grace, 「グレースを言う」となります。)
“Father, will you say grace?” then everybody puts their hands together while he says the prayer.
(「お父さん、グレースを言ってください」そして家族はみんな手を合わせて祈ります。)
But what about families that are not Christian or religious?
(それでは、キリスト教信者じゃない、あるいは全然宗教的じゃない家族は何を言う?)
Well because there is no good word in English, they often use this French expression, “Bon appétit”.
(英語の表現は存在しませんので、フランス語のbon appétitという人がいます。)
“Bon” means good or 良い and “appétit” means appetite or 食欲.
(“Bon”はフランス語でgood、つまり良いという意で、”appétit”は英語のappetite、日本語の食欲です。)
So this means 良い食欲がありますように, something like that.
(だから「良い食欲がありますように」というような意味ですね。)
But strictly speaking, it’s usually the person who cooked the meal who says it, so it’s not quite the same as “いただきます” – more like “召しあがれ”.
(ただし、それを言うのは大体料理を作った人だから、厳密にいうと「いただきます」より「召し上がれ」に近いですね。)

2020年2月

トムさんが阪神タイガースを応援するきっかけになった話をしてくれます。

Hello everybody! It’s a lovely spring day in Ishigamidai.
(みなさんこんにちは!ここ石神台は素敵な春の日ですね。)
And the spring training has started in the baseball!
(そして野球の春のトレーニングが始まりましたね!)
You know, when I first came to Japan, 37 years ago, I didn’t know anything about baseball, and I was living in Yamanashi prefecture.
(あのね、私が初めて日本に来た、37年前、私は何も野球のことを知りませんでした、そして私は山梨県に住んでいました。)
One day one of the teachers at the school where I was working took me to a department store to buy a belt.
(ある日、私が働いていたの学校の一人の先生が、私をデパートにベルトを買いにつれて行ってくれました。)
I couldn’t do anything by myself in those days – I spoke no Japanese.
(私は当時一人では何もできませんでした―日本語がなにも話せなかったのです。)
In the department store there were hundreds of belts!
(デパートには数百ものベルトがありました!)
I didn’t know which one to choose.
(私はどれを選べばいいのか分かりませんでした。)
He said “how about this one?“ And he picked out a very cheap belt which had a little metal buckle with a picture of a tiger and the letters HT on it.
(彼は「これはどうですか?」と言って、小さな金属のバックルにトラの絵とHTという文字がある、とても安いベルトを選びました。)
Well, I had no idea what that meant but it was only ¥500 so I bought it.
(まぁ、その意味は分かりませんでしたが、それはたった500円だっ たのでそれを買いました。)
The next day when I went to school, all the boys were shouting  外人先生はトラキチだ!
(次の日私が学校に行くと、男子たちはみんな、外人先生はトラキチだ!と叫んでいました。)
Somebody kindly explained to me that there’s this sport called baseball and that there is this team called Hanshin Tigers.
(誰かが親切に、野球というスポーツがあり、阪神タイガースというチームがあると私に説明してくれました。)
I said ”OK, Starting today I support Hanshin Tigers.”
(私は、「よし、今日から阪神タイガースを応援する。」と言いました。)
37 years later, I still do. がんばれ阪神タイガース!ゲットザペナント!
(37年経った今も応援しています。がんばれ阪神タイガース!ゲットザペナント!)

2020年1月

トムさんから新年のご挨拶です。


Happy new year, everybody! Or Happy Hogmanay.
(みなさん、ハッピーニューイヤー!それともハッピーホグマネイ。)
Hogmanay? Strange word, eh. It’s Scottish.
(ホグマネイ?変な言葉でしょう。スコットランド語です。)
In Scotland, they call New Year “Hogmanay.”
(スコットランドでは新年を「ホグマネイ」と言います。)
It’s a bit different from New Year in England.
(イギリスの新年とはちょっと違います。)
It’s a much bigger party.
(もっと大きなイベントです。)
And when midnight comes, Just like Japanese people go to the temple or shrine for Hatsu-mode, Scottish people go and visit their neighbors.
(夜12時が来ると、日本人がお寺や神社に初詣に行くのと同じように、スコットランド人は近所の人を訪ねて行きます。)
Yes, you visit your neighbors after midnight.
(そう、近所の人を真夜中に訪ねるんですよ。)
That is called “first foot” – the first foot through the door is very important to have a lucky new year.
(それは「ファーストフット」と呼ばれ、初めてドアを通る一歩は幸運な新年を迎えるのにとても重要だとされています。)
It’s especially lucky if a tall, dark haired man I’d the first person to come through your door in the new year.
(もし背が高くて濃い髪色の男性があなたの玄関を通る初めての人だったら、特に幸運です。)
So… I’m a fat, grey-haired man, so I wouldn’t be very lucky.
(そう、私は太ったグレーヘアの男なので、私だとしてもあまり幸運じゃないですね。)

12月のテーマ:ランダム

トムさんから年末のご挨拶です。


Hello everybody, it’s Tom Gill, and I’m very sorry that I haven’t been doing any of my little videos recently.
(みなさんこんにちは、トム・ギルです。最近ずっと小さなビデオを作ってなくて本当にすみません。)
Huh, it’s been a very busy end to the year.
(はー、年の瀬はとても忙しいです。)
Of course, here in Japan, us foreigners have to celebrate Christmas and new year, and it’s rather a busy period.
(もちろんここ日本では我々外国人はクリスマスとお正月両方を祝う必要があり、とても忙しい時期です。)
By the way, in England, Christmas is a public holiday and boxing day, the day after Christmas, is also a public holiday.
(ところで、イギリスではクリスマスは休日で、その翌日のボクシングデイも休日です。)
But in Scotland, only Christmas day is a holiday. Instead, January the 2nd is also a holiday as well as January the 1st.
(でもスコットランドではクリスマスデイだけ休日で、その代わり1月2日も1月1日同様休日です。)
That’s because Scottish people treat New Year as more important than Christmas just like Japanese people.
(それはスコットランド人が日本人のようにクリスマスよりお正月をより大切にするからです。)
Oh well, it doesn’t really matter, and I hope you enjoy the end of this year and have a very happy new year.
(まぁ、それはともかく、皆さんがこの年の瀬を楽しんで、良い新年を迎えるようにお祈りします。)

11月のテーマ:ランダム

(2)紅葉:近所の公園で紅葉のライトアップがあるようです。


Tom: Isoko, I’ve heard about the autumn leaves being lit up every year at Joyama park. Have you ever been there?
(磯子さん、城山公園で毎年紅葉のライトアップをすると聞きました。行ったことありますか?)
Isoko: Yes, I have. The reflection of autumn leaves in the pond was so beautiful.
(ありますよ。池に映るモミジの反映がとても綺麗でした。)
Tom: Really? Well, in that case I’ll take my family there.
(ほんとうですか。それなら家族を連れて行ってみます。)
Isoko: You’d better. It’ll be this weekend. Do you have the custom of enjoying autumn leaves in England?
(それがいいです。今週末ですよ。イギリスには紅葉を楽しむ習慣はありますか?)
Tom: Hmm, we like autumn leaves, just as we like spring blossoms, but we don’t have special  festivals like in Japan. It’s… err… informal.
(んー、みんな紅葉は好きですよ、春の花が好きなのと同じくらい。でも日本みたいに特別なお祭はないです。んー、非公式ですね。)

(1)ラグビーワールドカップ2:トムさんがラグビーの由来について話してくれます。


Isoko: Oh Tom, I’m so sorry about England losing in the rugby World Cup final.
(あらトム、イングランドがラグビー世界選手権の決勝戦で負けちゃったね。お気の毒。)
Tom: It can’t be helped. England were terrible and South Africa deserved to win.
(しょうがないですね。イングランドは全然ダメだったし、南アフリカが勝ったのは文句無しです。)
Isoko: You’re a good loser!
(負けっぷりがいいね!)
Tom: Well… we English invented rugby. So I can still feel a little bit proud, even when we lose.
(まあ、我らイギリス人はそもそもラグビーというスポーツを発明したから、負けてもまだ少しだけ誇りが残りますね。)
Isoko: Really? I didn’t know that.
(へええ、知らなかった。)
Tom: Yes, Rugby is the name of a town in England, quite near Birmingham. In 1823 a schoolboy at Rugby School called William Webb Ellis was playing football when he picked up the ball and ran with it. That was the start of rugby.
(そうですよ。ラグビーはイングランドの都市の名前です。バーミンガムに割と近いです。1823年、ウィリアム・ウェブ・エリスというラグビー高校の生徒がサッカーをやっていた時、勝手にボールを拾って、持って走りました。それがラグビーの始まりでした。)
Isoko: That’s amazing!
(凄い話ですね!)
Tom: Yes ― and you know, that trophy South Africa just won is named after that schoolboy ― the William Webb Ellis Cup. And don’t forget ― a schoolboy was ENGLISH. Not South African! (He laughs.)
(そうでしょう?で、先日南アフリカが手にした世界王者のトロフィーはその高校生に因んで「ウィリアム・ウェブ・エリス杯」と呼ばれています。忘れないでほしいですが、イングランドの高校生ですよ。南アフリカのじゃなくて!(笑))