海が見える街 大磯町石神台

2019 台風15号の教訓

先日の台風15号による、千葉県の被害がテレビで伝えられています。主に風の被害で、多くの電柱が倒れ復旧が遅れている内容ですが、屋根瓦が飛んだり、屋根そのものが飛んだ被害も相当みられます。我が家の屋根が飛んだらと思うとぞっとします。
この台風は伊豆半島に上陸予定だったものが、やや東にずれたため石神台の東側をかすめることになりました。これが予報の通り真上または西側を通っていれば、千葉県の鋸南町や南房総市など海岸に面した町と同じ状況になっていたかもしれません。
今回は、たまたま被害を免れましたが次は分かりません。千葉の状況からすると夏の長期停電も命と隣り合わせになることが分かりました。東日本大震災時、石神台は二宮の変電所が近いため計画停電から外れたのは恵まれた立地でしたが、予想される東南海地震ではどうなるかわかりません。小さくてもよいから太陽光発電など対策があれば安心かも知れません。
それと飲み水対策ですが、停電の時に水道山の配水池の水は利用できるのでしょうか、どなたかご存知の方がいれば教えてください。
他、皆さんが自分で行う対策があれば、参考にしたいのでコメントください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です