海が見える街 大磯町石神台

免許更新/認知機能検査 奮闘記

 年齢が75歳以上の後期高齢になると、運転免許更新時に認知機能検査があります。先日その案内のハガキが届き、検査場になっている教習所に申し込みをしました。混んでいるのか指定日は1ケ月以上先が指定されました。物忘れは目立ちますが、認知機能はまだ大丈夫と考えています。でもその間何もせずに待っているだけでは不安なので、ネットで状況を調べてみました。
 すると驚くことに、検査の問題内容や、回答時間、採点基準さらには、検査官の試験時の試験問題の説明文までが話し言葉になって案内されていることが分かりました。全国一律と思いますが、神奈川県警察の「認知機能検査のご案内」は次のURLです。

案内の内容は数年に一度程度の割合で、更新されます。最新情報を得てご利用ください。

https://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mes83081.htm

ユーチューブ(YouTube)で「認知機能検査」をあたると、動画で検査の案内と同時に対策についてもいろいろ見ることができました。
 100点満点の試験で、得点によっては、医者の診断書が必要になります。
  76点以上 記憶力・判断力に心配がない方     2時間の高齢者講習へ
  49~75点 記憶力・判断力が少し低下している恐れ 3時間の高齢者講習へ
  49点未満 記憶力・判断力が低下している方    医師の診断書提出など

 免許更新に失敗し、車に乗れなくなっては大変です。合格率は約68%とありましたから約1/3が不合格と、かなりの高率で失敗しています。
 そこで、対策して試験に臨むことにしました。警察の公開内容での対策なので、これはズルではありません。むしろ対策することで、認知機能の改善につながるかもしれません。

 現在、試験を受けてきて既に対策結果は出ています。自己採点では98点でした。これから検査を受けられる方の参考になるかもしれないので、その奮闘記をアップすることにしました。

免許更新 認知機能検査奮闘記-2

認知機能検査の結果が届きました。自己採点していた結果と同じ98点でした。もう一歩で100点でしたので残念です。