海が見える街 大磯町石神台

秋の俳句 その1

新型コロナウィルス感染が収まるのはいつなることやら、先行きが見通せず思いやられます。
今のところ簡単に収束する気配はみられず、これから秋から冬にかけて、本格的な感染症の本番を迎えますので、収束には多分来春までかかるのでしょうか?
秋の俳句その1です。

 蟷螂(とうろう)の白き抜け殻玄関に
 
– 俳句の背景 –
初秋の朝、蟷螂と呼ばれるカマキリの真っ白な抜け殻が、玄関の靴ふきマットに直立で立っていました。マットがザラザラしているので、抜け殻が倒れずに直立に立っている面白い光景でした。

by  ポン子

過去の俳句をご覧になりたい方はこちらから↓

オープンギャラリー:ポン子さんの俳句 (21.9.7更新)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です