海が見える街 大磯町石神台

台風一過の虹

台風16号が東日本近くの太平洋上を東北に通過した後、10月1日の夕暮れ5時半過ぎに、1丁目から見て遊水地越しの東方向の月京の山あいの空に、見事な虹の天体ショーが見られました。
秋の虹としては、珍しく色がはっきりしていて見事な大きな半円形の虹でした。
10分足らずの自然のなせる技で薄暮の夕空に映えて大変綺麗でした。
by 籟山

One thought on “台風一過の虹

  1. umimie

    素晴らしい写真をありがとうございます。台風が北東に通過し、夕日が西から射したタイミングがあったのでしょうね。山の上というのもいいです。東の向かいにある山を私は勝手に「向日山(むこうやま)」と言っています。心配された台風の被害もなくてよかったと思います。しかも、昨日は気候を研究された、真鍋淑朗さんのノーベル賞受賞の発表がありました。
    今朝のテレビでは、現在時から数日後の気象の予報計算と、真鍋さんの数年先から数十年先を計算する気候計算の間を埋める、数日先から1~2ヶ月先の計算精度を上げる計算モデルが必要みたいなことを言っていました。さらに進歩を期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です