海が見える街 大磯町石神台

春の俳句

立春(2月4日)を過ぎ、ご近所の梅の花が大分ほころび始めました。吾妻山の一面の菜の花畑も真っ盛りで、紺碧の相模湾に映えていることでしょう。俳句では、立春から立夏(5月5日)前日までを春として取り扱い表現します。
 
 1.猫柳針先ほどに小さき花 
 2.猫柳花穂に潜む紅の色 

(句の背景)
1.猫柳とは川べりに自生する柳の一種です。二月頃葉の出る前に、銀色の花穂をつけ、その艶のある毛は、まさに猫の毛を思わせてくれました。
2.その猫柳を見つめていたら、花の奥の方に紅い色が潜んでいるのが見えたものです。
 by ポン子 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です